インドネシアビンタン島の観光、旅行、ホテル情報などを公開中でございます。

Bintan Indonesia ビンタン島観光情報

ビンタン島の、観光情報、旅行、ホテル情報、フェリー情報など、ビンタン島を満喫するための様々な情報が満載です!


ビンタン島くちコミ ランキング

ホテルランキング レストランランキング 観光スポットランキング
旅の感想ランキング 口コミランキング ガッカリランキング

ビンタン島観光情報メニュー

ビンタン島基本情報

ビンタン島基本情報

こちらでは、ビンタン島に関するさまざまな基本情報をご紹介しております。ビンタン島にお出かけになる前に、ビンタン島の情報をチェックしよう!

 アクセス情報  | 出入国関連情報  | 気候・お天気  | 治安と滞在中の注意事項  | 交通情報  | お金情報  | 地図・所在地  |  ビンタン島豆知識  |

ビンタン島旅行記

ビンタン島の旅行記のご紹介

当サイトの管理人がビンタン島へ行ったときの、旅行記です。まあ、なんていうことのない旅行記ですが、ビンタン島の旅行に行く際の参考にしてください!

 ビンタン島旅行記はこちらから。。。

ビンタン島観光情報

ビンタン島の各種観光情報のご紹介

ビンタン島の、観光地、ホテル、アクティビティ、ゴルフ場などの情報を各種ご紹介しております。

 オプショナルツアー  | ゴルフ  | マリンスポーツ  | ATVバギー  |  ショッピング  |  レストラン  | ホテル一覧表  | ホテル  | 


お金事情について

インドネシアの通貨

5インドネシアの通貨はルピアです。

しかしながら、リゾートエリアではUSドルシンガポールドルが使えますし、逆にルピアが使えない場合があります。(基本はUSドルないしはシンドルです)

また、ホテルによってどちらの通貨が利用できるか異なりますので、注意しましょう。

・バンヤンツリーはUSドルその他はシンガポールドルとなっているようです(旅行前に確認しておきましょう)。基本の通貨以外で決済すると、非常に損な為替レートで換算されてしまいますので、大変もったいないです。(びっくりするようなレートです)

ですので、USドルのホテルに行かないのであればOKですが、それ以外でしたら、両方持っていくことをオススメいたします。また、クレジットカードで決済すれば問題ないのですが、ここはインドネシア偽造リスクがあることを注意しましょう。(ホテルでも100%安全ではありません。)

そのため、ビンタン島にいく場合はUSドルとシンガポールドルがあると便利です。

両替をする場所ですが、シンガポールのチャンギ国際空港内の両替所がおすすめです。

日本よりもかなり両替レートが有利です。

詳細はシンガポールの両替事情を紹介したサイトがありますので、参考にするとよいでしょう。

また、両替レートがほぼタイムリーに反映されるヤフージャパンの為替情報が非常に便利です

US$為替情報

S$為替情報

ルピア為替情報

クレジットカード事情

6 クレジットカードは非常に便利です。ただし、スキミング被害による詐欺には気をつける必要があります。シンガポールでは聞いたことがありませんが、ビンタン島では十分注意が必要です。ホテルであっても日本の常識は通用しないので、使わないほうがよいでしょう。

ただし、ゴールドカードは持っておくとよいでしょう。

なぜなら、保険の適用があるからです。盗難のみならず病気や怪我も十分補償されます。

こちらに海外保健用ゴールドカードの紹介がありますので、参考にするとよいでしょう。

それ以外の方は、海外旅行保険が日本の空港で加入できますので入っておくことをおすすめしますが、カードを新規で作ったほうがお得です。JALカードなどはマイルもかなりたまりますので、お得です。

ビンタン島基本情報

ビンタン島とは?

ビンタン島はシンガポールから、フェリーで40分の非常に近い場所に位置しています。インドネシアのリアウ諸島州に属しており、西にはリアウ海峡を挟んでバタム島があります。面積は1,866 km²。人口は約40万人。ビンタン島へのアクセスは、日本→シンガポール→フェリーでビンタン島へ行く形になります。詳細は、アクセスのページでご紹介いたします。
ちなみに場所はこの辺り。

マップのようにシンガポールからシンガポール海峡を隔て南東へ46kmの沖に位置しており、自然が数多く残されており、天然のビーチも多いことから、リゾート地として栄えています。シンガポールとの間には1時間の時差、日本とは2時間差がある。(日本が12時のとき、ビンタン島は10時です)

また、北部はリゾート地として発展しており、南部は島民の住居や、工業地帯などが多い。

90年以降リゾート地としての開発が本格化して、バンヤン・ツリーやクラブメッドなど数多くのリゾートホテルがビーチに面して建っている他、各種マリンスポーツ施設やゴルフ場、スパなどリゾート地としての整備が充実していることから、シンガポールをはじめ多くの観光客が訪れています。

国名
 インドネシア共和国(Republic of Indonesia)
首都:ジャカルタ(Jakarta)
面積
 1,866 km²
人口
 約6万4000人。
宗教
 イスラム教87.1%、キリスト教10.1%、ヒンズ-教1.8%
民族構成
 マレー系90%、中国系7%、インド系2%、タイ系1%
入出国とビザ
パスポートは6ヶ月以上の有効日数が必要
フェリーターミナルにてビザを申請 その後入国
3日以内の滞在:US10$ 30日以内の滞在:US25$
日本からのフライト時間
 日本からシンガポールまで約7時間
タクシーでフェリーターミナルまで、15分
フェリーにて45分程度
言語
 公用語はインドネシア語。国内各地でジャワ語やバリ語など。ただし、リゾート地では英語が通日場合が多い
衛生
 検疫は感染地域を通過する場合以外不要
リゾートとは言えインドネシアなので、生水・生ものは口にしないほうがよい
電圧
bf 電圧:220ボルト・周波数:50ヘルツ
差込口はBFタイプが一般的。
なので、シンガポールからの場合はそのまま使える。
日本からの場合は、変圧器や、変換プラグが必要。ただし、ホテルでは通常、変圧器の貸し出しがある。心配な方は買ってゆこう(結構重いです)
気候と服装
 熱帯雨林気候に属しており、12月から3月頃までが雨季。ただし、一年を通して雨は多い。
そのため、半そでやTシャツで過ごすが、リゾートでは軽装でOKだが、襟付きのシャツを一枚くらいもっておきたい。また、エアコンがきついので、女性や子供は羽織るものがあると良い。
お金とチップ
 インドネシアの通過はルピア
ただし、リゾート内では、アメリカドルで支払わなければならない場所もある。また、シンガポールドルも通用する。
US$為替情報
S$為替情報
ルピア為替情報
リゾートを出ない限り、USドルもしくはシンガポールドルを持っていこう。チップの制度は無いが、リゾート内では少しくらい渡してもよい。
RSS2.0