インドネシアビンタン島の観光、旅行、ホテル情報などを公開中でございます。

ビンタン島旅行記2009 その② フェリー

DSC_0098DSC_0091DSC_0101

早速フェリーに乗って約1時間の船旅で、インドネシアビンタン島に向かいます。

フェリーにはエコノミークラスとエメラルドクラスと言うクラスがあるのですが、断然お勧めは『エメラルドクラス』です。

なぜかというと、いろいろな理由があります。

なお、金額は片道、エコノミーが週末29シンガポールドル位、エメラルドが47シンガポールドル程度と18ドル差。日本円で1000円くらいです。

この1000円はケチらないほうが良いですよ。

エメラルドクラスのメリット

①席が広い!エコノミーは正直肩幅の広い男にはきつすぎますし、リクライニングもありません。エメラルドはゆったりリクライニング付!

②飲み物無料!エメラルドクラスはいろんな飲み物を持ってきてくれます。しかも無料で。エコノミーは自分で買わないとだめです。

③ビンタンでの出入国手続きが簡単!ソファーに座っていれば全部やってくれます!エコノミーは30分程度たって待っていなければいけません。処理の遅さにいらいらします。

なんといっても出入国手続きをやっておいてもらえるのは本当に楽です。以前エコノミーで行ったときは立って30分以上並んで、その処理ののんびり具合に腹が立ちましたw

DSC_0097

外の雨はどんどん強くなっていきますw

ところでこんな日は『船酔い』が最悪。。。

絶対に酔い止めもって行ったほうがよいですよ。普段は酔わないといっていた人も酔っていましたw

なんだかんだ、気分が悪いながらも1時間程度でビンタン島へ到着。

DSC_0102

エメラルドクラスの方は、こちらの『エグゼクティブラウンジ』へw

DSC_0112

中にはソファーがあって座っているとすべての入国手続きをやってくれます。その間各種飲み物はカウンターでもらえます。(無料)

(この際パスポートを預けます)

その後しばらくのんびりしていると、名前を呼ばれますので、パスポートを受け取って外に出ましょう。

荷物などもラウンジの出口に用意しておいてもらえます。

各ホテルの送迎がありますので、『~~』といっている人に声をかけて送迎バスへ。

送迎バスは無料のところもあれば有料のところもあります。ちなみに以前のアンサナは往復10ドル程度、今回宿泊するビンタンラグーンは無料でした。

DSC_0116

ビンタンラグーンはリゾートの比較的はずれ。約20分のバスでの移動です。

DSC_0119

途中には熱帯のジャングルが広がっています。シンガポールからこんなに近いのにさすがはビンタン島!自然が豊富です。

>>>その③に続く。。。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
前の記事に戻る«
次の記事に進む  »
No Comments

No Comments »

No comments yet.

Leave a comment

ビンタン島の基本情報

  • 基本情報 (8)
  • ビンタン島のホテル情報

  • 宿泊情報 (10)
  • ビンタン島旅行記 (9)
  • ビンタン島豆知識 (2)
  • ビンタン島の観光情報

  • 観光情報 (6)
  • TOPPAGE  TOP 
    RSS2.0