インドネシアビンタン島の観光、旅行、ホテル情報などを公開中でございます。

基本データ

ビンタン島 アクセス情報

基本データコメント&トラックバック(0)

日本からビンタン島への行き方は、日本からシンガポール、シンガポールからビンタン島というルートを取ります。

日本からは成田・名古屋・大阪・広島・福岡の各主要空港からシンガポールへ日本航空、全日空、シンガポール航空、ノースウェスト、ユナイテッド、キャセイパシフィックなどの主要航空会社から便が出ていて非常に便利です。詳細はシンガポール観光サイトで確認できます。

シンガポールの入国の際には、注意すべきことがいくつかあります。というのも、シンガポールは世界でも非常に厳しい法制度を持った国だからです。特にタバコの持ち込みは注意しましょう。詳細はこちらもシンガポール情報サイトに記載がありましたので、ご確認ください。

アクセス方法

日本>>>シンガポール
東京から飛行機で7時間程度 チャンギ国際空港へ

チャンギ国際空港>>>タナメラ・フェリーターミナル(所在地Tanah Merah Ferry Road)
DSC_0016MRTでべドック駅かタナメラ駅からSBSのバス 35番に乗車して、20分
タクシーの場合は、チャンギ空港から10分程度
乗り継ぎに時間がある場合は、空港で時間をつぶすと良い。20分前には準備完了に!
※船酔いする方は、酔い止めもわすれずに。。結構ゆれます。

必要なもの<シンガポール出国時>
パスポート
入国の際に渡された、入国カードの半券 OR グリーンカード
フェリーチケット(タラメナフェリーターミナルにて、発券可能。所要時間並んでなければ、5分程度)

出国手続きは非常にスムーズです。

フェリー料金(詳細は公式サイトで)※子供は2歳以上12歳未満

エコノミー
金、土、祝前日
左記以外、平日
Ticket Type
Route
Base
Taxes & Levies
Total
Base
Taxes & Levies
Total
大人 1-way
Sin-Bin
22.50
6.60
29.10
17.00
6.60
23.60
大人 1-way
Bin-Sin
22.50
11.60
34.10
17.00
11.60
28.60
子供 1-way
Sin-Bin
17.00
6.60
23.60
13.00
6.60
19.60
子供 1-way
Bin-Sin
17.00
11.60
28.60
13.00
11.60
24.60
エメラルド
金、土、祝前日
左記以外、平日
Ticket Type
Route
Base
Taxes & Levies
Total
Base
Taxes & Levies
Total
大人 1-way
Sin-Bin
40.50
6.60
47.10
35.00
6.60
41.60
大人 1-way
Bin-Sin
40.50
11.60
52.10
35.00
11.60
46.60
子供 1-way
Sin-Bin
22.00
6.60
28.60
18.00
6.60
24.60
子供 1-way
Bin-Sin
22.00
11.60
33.60
18.00
11.60
29.60

なお、平日は通常予約は要らないが、予約したほうが無難である。上記サイトから予約ができます。
運行時間表

月曜~木曜
シンガポール発

(シンガポール時間)

ビンタン発

(ビンタン時間)

0910
1110
1400
0935
1415
1635
1700
2000
1735
2015
金曜
シンガポール発

(シンガポール時間)

ビンタン発

(ビンタン時間)

0810
0910
1110
0835
1135
1415
1400
1700
2000
1635
1735
2015
 土日祝日
シンガポール発

(シンガポール時間)

ビンタン発

(ビンタン時間)

0810
0910*
1110
0835
0935*
1135
1210
1400
1700
1415
1535
1735
2000
2015

 

タナメラ・フェリーターミナル>>>ビンタン島 フェリーターミナル

 約45分~60分の船旅です。

DSC_0019

下船後の手続き(入国手続き)

DSC_0022船の中で、インドネシアの入国カードと、税関申告書を記入しておきましょう。(こちらはシンガポールのフェリー乗り場チケットカウンターでもらえます。

①下船 船を下りましょう!

②船を下りた後、ビザカウンターでビザ費用を払い、ビザを取得します。
3日以内の滞在:US10$ 30日以内の滞在:US25$ なお、パスポートは6ヶ月以上の有効日数が必要です。

③荷物の受け取り(預けた方にみ)

④入国審査
日本人の入国審査はどこでもそうですが、かなりスムーズです。ただし、他の国の方が比較的時間がかかるので、順番待ちにかなりの時間(30分程度)がかかりますので覚悟が必要。早く船を下りても、各ホテルのシャトルバスが全員そろうまで待っているので同じことです。

また、タクシー移動などを考慮して、早くチェックインしたい場合は、VIPラウンジ(+62-770-691-900)を利用すると、優先サービスや、コーヒーなどのサービスもあります。こちらはs15ドルです。

帰りのフェリーでの注意点(出国およびシンガポール入国)

シンガポールの入国カード記入を忘れずに。あらかじめ空港などで手に入れておくとよいでしょう。

船の出発の45分前くらいには到着していることをおすすめします。手続きは簡単なものですので、特に心配は無いですが、タバコやお酒は捨てて帰りましょう。中身のチェックもあります。

シンガポール入国時に非常に高い関税がかかりますし、だまって持ってはいると、驚くほどの罰金がかかりますよ。絶対にやめたほうがよいでしょう。

ビンタン島の交通事情

基本データコメント&トラックバック(0)

ビンタン島は日本人が抱く東南アジアという感じの場所ですから、交通が発展しているとはいえません。(正直車はほとんど走っていません。)

主に利用するのは、フェリー乗り場からホテルまで、もしくは、ホテルから他のホテルのレストランや、アクティビティを利用する場合といったところでしょう。基本的にはタクシーを使うと便利です。

タクシー

ビンタン島のタクシーはその料金があらかじめ大体決まっていますので、ボッタクリに遭うことは少ないでしょう。(あらかじめ確認してください)

また、タクシーは道で拾うことはできませんので、ホテルなどで呼んでもらいます。

移動はタクシーが便利でしょう。

北部のホテル間、フェリー乗り場までで、大体シンガポールドルで10$です。

また、島の中心部であるタンジョンピナンまでは、車で片道1時間半料金は往復でシンガポールドルで60$です。

各ホテルでは送迎サービスをやっていますので、他のホテルへの移動をする際はこちらを利用するとよいでしょう。ホテルによって違いますが、S20ドル~S30ドル前後で往復が可能です。帰りには所定の時間に迎えに来てくれますので、非常に便利です。

シャトルバス

フェリーターミナルと、各ホテルの移動はシャトルバスが便利です。こちらを使うとよいと思います。フェリーの時間に合わせて運行されています。

定期シャトルバスはシンガポールドルで6$程度(往復でS12ドル程度)です。ホテルなどが運営しているものや、交通会社が運営しているものがあります。

レンタカーはありますが、国際免許がインドネシアでは通じないので、乗らないことをおすすめします。トラブルになってからでは遅いですよ。

レンタカーをお願いする場合は、インドレント・トランスポートサービス 0770-691-928です。

ビンタン島の基本情報

  • 基本情報 (8)
  • ビンタン島のホテル情報

  • 宿泊情報 (10)
  • ビンタン島旅行記 (9)
  • ビンタン島豆知識 (2)
  • ビンタン島の観光情報

  • 観光情報 (6)
  • TOPPAGE  TOP 
    RSS2.0